2018年05月28日

「全建賞」受賞です!

松山市道の「花園町通り」が、
「全日本建設技術協会」主催の
「平成29年度全建賞(都市部門)」を
受賞しました。

「全建賞」とは、
昭和28年創設の歴史ある賞で、
公共事業の進め方や運用などを創意工夫し、
優れた成果が得られた事業や施策を選考し、表彰する制度です。

「花園町通り」は、堀之内と松山市駅を
結び、市内で最も広い道路の幅があります。
「歩いて暮らせるまち松山」の
シンボルロードとして、
無電柱化と道路空間の再配分を進めました。

東側の商店街では、沿道の建物の景観整備(ファサード整備)を支援し、
きれいな街並みへと大きく変わりました。
これらの整備で、歩行者は約2倍に増加し、

また、自転車道の利用が進み、
通行がさらに安全で快適になりました。
広くなった歩道では、毎月第3日曜日に、
地元商店街主催でマルシェイベントが
開催され、多くの人で賑わっています。

表彰式は、6月29日(金曜日)に、
東京で行われます(^_^)
お力添えを頂いた
皆さんのおかげです。
心から感謝申し上げます。

花園町.jpg
posted by 野志克仁 at 10:31| 愛媛 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする