2018年07月25日

豪雨災害に関する記者会見の内容

下の写真は、
松山市菅沢町の
「野外活動センター」に入ってきた所の道路。
土砂崩れで通行出来ません。

お客様で賑わう夏休みを前に、
市有施設の「野外活動センター」も
豪雨災害を受けてしまいました。
予約を頂いていた方々には
発災後に、ご連絡を致しましたが、
利用を楽しみにしてた方々には
誠に申し訳なく思っています。
危険があるといけませんので
ご理解ください。

先日の「定例記者会見」で
豪雨災害対応について
下記のように
述べさせて頂きました。
長文ですが、お付き合いください。

『現在、松山市では、
市民の皆さんの生活が一日でも早く
元の姿に近づけるよう、
引き続き、生活再建に必要な事項を優先して、「応急対応」や「復旧作業」に
全力で取り組んでいます。
被災者の生活再建を目的にした

「災害被災者 特別援護資金」の
貸付費用4億円、
道路、水路等の応急復旧費7億3,800万円は、緊急を要しましたので、
専決処分で予算措置し、迅速に対応しました。

そのほか、特に
大規模な土砂崩れなどで、
今後2次災害の懸念もあり
速やかな対応が必要な4地区、
中島地区の怒和、北条地区の庄と客、
高浜(松山地区)は、
災害対策本部内の体制を強化し、
「民有地」や「民有建物」なども含み、
市で緊急に対応するようにしております。

連日暑い中、ボランティアをはじめ、
支援いただいている企業や団体など
全ての皆さんに感謝しています。

また、島しょ部をはじめ、
被災農家が営農を継続していけるよう
県と連携して
農作物の樹勢回復への補助などのほか、
市独自の支援も検討を指示しています。

加えて、被災者の皆さんの生活再建に向けて、「義援金」を受け付けているほか、
被災者への「り災証明書」の発行をはじめ、
被災者への見舞金や、
無利子での貸し付け、
また、ごみ処理手数料の減免や
市営住宅の一時入居、
そのほか被害を受けた方の
水道料金や下水道使用料の減免も
行っています。

また、8月3日金曜日の臨時議会でも
必要な補正予算を計上する予定です。
今後も復旧に向けて、
しっかりと取り組んでいきます。』

37700146_1091997067641329_1516479491096969216_n.jpg
posted by 野志克仁 at 11:11| 愛媛 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする