2018年03月26日

「108回目のタウンミーティング」です

22日木曜日
松山市の味生(みぶ)地区で
タウンミーティングを行いました。

市長就任以来、
ずっと続けておりまして
今回で108回目となりました!

1期目が「地区別」のタウンミーティング
2期目が「地区別」に加えて
「世代別」「職業別」の
タウンミーティングを行っています。

90分間、市民の方々から
様々な声を聞かせて頂きますが
その「地区」の課題や魅力について
全く知らないまま、
また、
その「世代」、その「職業」の
課題について
全く知らないまま
タウンミーティングに行くのは
失礼だと思っています。

そういった事について
勉強をして臨むのですが、
1回のタウンミーティングにつき
勉強時間は、大体3時間くらいかかります。
108回×3時間で
324時間。
まさに、私の
血となり、肉となっています。

会合から夜遅く帰って
睡魔と戦いながら、
勉強したことも^_^;
松山市のタウンミーティングは
おかげ様で
参加された方々の評価が高いのですが
コツコツ、コツコツ
やってきて良かったです(^_^)
29497548_1006845559489814_7256130907227858297_n.jpg
posted by 野志克仁 at 10:04| 愛媛 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

「ファン・ロンパイ前大統領のこと」

この方、ご存じてすか?

EUの初代大統領で、
ヨーロッパ28カ国
人口約5億人のトップを務められた
ファン・ロンパイさん。
ご自身の句集を出版するなど、
俳句の愛好家です。

2010年から、
外務省とEUの共催で
「日・EU英語俳句コンテスト」を行い、
この最優秀賞の受賞者は、
EUの方は「俳句の都・松山」に、
日本の方は、
「ファン・ロンパイ大統領の出身国
ベルギー」に招待されるという
俳句での交流も行ってきました。

私が大統領に最初にお会いしたのは、
2012年4月。
松山市の「観光俳句ポスト」を
海外で初めて、
EUの主要機関が集まる
ベルギーの首都ブリュッセルに
設置した時です。
その際、ファン・ロンパイさんとは、
日本大使公邸での記念式典で
お会いしましたが、
大統領にとって
スーツ姿の人に会うのが
当たり前の風景ですから、
私はあえて
「坊っちゃん」の衣装で行かせて頂き、
松山のことを印象付けようとしました。

ファン・ロンパイさんの第一声は
「松山市長さん、正岡子規はなぜ
俳句の革新者と呼ばれるんですか?」
でした。
勉強して行ってたので、
なんとか答えられましたが、
すっかり意気投合。
約1時間半ご一緒し、帰る時には
大統領は
「次はあなたの町でお会いしましょう」と、
私に言ってくれました(^_^)

EUの大統領が松山にお越しになれば
「東京や京都や大阪に行くのは分かるが、
なぜ松山なのか?
松山とは、どんな所なのか?」
松山の認知度を、
EU内で一気に高めることが出来ます。

多忙を極める大統領が松山に来られたのは、
翌2013年11月。
東京での、
日本とEUの定期首脳会議の前日に
松山にお越し頂き、
子規記念博物館を視察、
「特別名誉市民」の称号をお渡ししました。

今年2月2日には、
子規・漱石生誕150年を締めくくる
イベント
「インターナショナル フォト・ハイク 
フェスティバル」にお越し頂きました。

今回も、私は
袴(はかま)姿でお迎えさせて頂き、
ファン・ロンパイ前大統領からは、
「4年3カ月前に、松山の小学生達と俳句で
交流したのが、実に印象深かった」と
いう発言もありました。
よく覚えてくれています(^_^)

イベントが終わり、松山から帰られた後、
「野志市長は、愛媛マラソン、
どうだったのかな?」
と気にしてくれてましたが、
なんとか、5年連続5回目の完走が出来た
ことをお伝え出来、良かったです(^_^)

ファン・ロンパイさんが
「松山は、世界の俳句の都になりつつある」と言ってくれたのが実に嬉しかった
今回の訪問でした!
(最後までお読みいただきありがとうございました。)
28468262_994278154079888_8628633092152445273_n.jpg
posted by 野志克仁 at 09:27| 愛媛 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする