2020年04月03日

新型コロナウイルス対策予算(経済面)の概要

3月31日の
新型コロナウイルスに関する
市長記者会見、
経済対策の部分について
掲載します。

次に
「新型コロナウイルス感染症への
 緊急対策のための
 令和2年度補正予算」について
説明します。

松山市では、
新型コロナウイルスの感染拡大を
防ぐため、
対策本部を設置し、
全力で取り組んでいます。
これまで、
「感染拡大の防止」をはじめ、
「学校の臨時休業に伴う
  諸課題への対応」、
「地域経済の影響緩和」など
総額約3億7千万円の緊急対策を
実施しています。

内訳は、
「感染拡大の防止」では、
保育所や認定こども園などで
感染拡大を防ぐため、
空気清浄機の購入補助など
約3,500万円、
「学校の臨時休業に伴う
  諸課題への対応」では、
児童クラブの運営費の支援や
給食用の食材の納入業者への補填など
約2億円、
「地域経済の影響緩和」では、
本市の融資制度を利用した事業者に
対する利子補給など、
約1億4千万円です。

現在、海外をはじめ、
首都圏域や関西を中心に
国内でも感染者が増えており、
先週、3月26日(木曜日)に
内閣府が発表した月例経済報告では、
景気全体の判断を「厳しい状況にある」と下方修正されました。
市民生活、
中小企業や個人事業主の皆さんの
経営への影響を
一刻も早く、できるだけ抑えるため、
松山市の独自の支援策など、
緊急に必要な経費を
本日、専決処分で
補正予算編成しました。

主な支援策は4つで、
1つ目「相談態勢の充実」、
2つ目「資金繰りへの支援」、
3つ目「雇用の維持」、
4つ目「迅速な対応」です。

まず1つ目「相談態勢の充実」です。
本市では、2月17日(月曜日)から、中小企業などの経営環境の変化に
対応するため、
独自に
経営や労働の相談窓口を設け、
国や県をはじめ、松山市の支援策を
積極的に利用するよう呼び掛けています。
今回の補正予算では、
この窓口で
中小企業診断士や社会保険労務士など
専門家が対応する日を週1日から、
土曜日を含む週3日に増やします。
相談する機会を増やし、
また、土曜日も利用できるようにし、
さらに、相談しやすくします。

2つ目「資金繰りへの支援」です。
松山市ではこれまで、
中小企業や個人事業主の経営を
安定させるため
200億円規模の融資制度を
設けています。
今回の補正予算で、
金融機関への預託金を
20億円から25億円へと増額し、
融資枠を200億円から250億円へと、過去最大の規模に拡大します。

加えて、拡大した融資枠を活用し、
売上げが減少した中小企業などに、
本市の制度では初めてになります
「無利子・信用保証料の負担なし」の
50億円の融資制度を新しく設けます。
過去に例のない手厚い制度で、
資金繰りを強力に支援します。
また、枠以上の申込みがあれば、
さらに補正予算で対応するなど、
全力で
中小企業や個人事業主の皆さんを
支援します。
 
3つめ「雇用の維持」です。
経営が悪化した企業が
従業員を解雇するのを防ぐため、
国から企業へ支給される
「雇用調整助成金」に、
本市独自で上乗せして助成します。
 
具体的には、休業手当のうち、
国が3分の2を、県が10分の1を、
さらに市が10分の1を助成し、
企業の人件費負担を
大きく軽減させます。
今回の補正予算では、
2万3,000人分の雇用が
維持できると考えています。

4つ目「迅速な対応です。」
国の助成金は、
「申請手続が煩雑で使いにくい」と
いう声が、
現場から聞かれますので、
専門家が申請手続を代行する費用を
市独自で支援します。

皆さんも、
現場で聞かれているかもしれませんが、この国の助成金を申請するには、
労働保険の適用事業所であることや、
就業規則、労働者名簿、賃金台帳など
法令で作成が義務付けられている書類を備えていることなどが条件で、
提出する書類も数多くあります。
こうした書類作成に不慣れな
中小企業や個人の事業者は、
申請までに時間を要する課題があると
認識しています。

また、こうした書類作成が障壁になり、申請を断念する企業も想定されます。
そうしたことから、
市独自で支援することにしました。
国への手続が早く行え、
また、経営者が事業に
専念しやすくなると考えています。

そのほか、
市民の皆さんの不安を解消するため、
愛媛県と共同で設置している
24時間対応のコールセンターを
4月以降も継続する費用を
計上しています。

以上の取り組みを含め、
今回の補正予算は、全て一般会計で、
総額は6億1,317万4千円です。
引き続き、感染の拡大を
できる限り抑えるよう全力で取り組み、
また、今後予定されている
国の緊急経済対策にも
適切に、迅速に対応していきます。
91470334_1591726564335041_5815384541962960896_n.jpg
91999053_1591726427668388_6474909545159196672_n.jpg
posted by 野志克仁 at 11:30| 愛媛 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月25日

東京にお住いの皆様へ

地元の若者が
松山の魅力を発見し、
効果的に発信して
松山ファンを増やす
「マツワカ!ポスターコンペ」の
ワークショップを
今年度2回開催しました。

キャッチコピーと写真で表現した
ポスター29枚を作成し、
渋谷駅に展示しました。

期間は、2月24日から
3月1日日曜日まで、
東京メトロ半蔵門線 
渋谷駅のB2Fコンコースです。
東京に在住の方々、
東京に出張の方々、
ぜひご覧ください(^^)
20200225掲載.jpg
posted by 野志克仁 at 10:03| 愛媛 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月03日

松本零士さんから頂きました

松山三越で開催の
「〜画業65年を迎えて〜
 松本零士の世界展」開催を記念して、
松本零士さんから
松山三越を通じて、
版画『我が故郷−松山城−』を
寄贈頂きました。

幼少期を
愛媛で過ごした松本零士さんが、
松山三越で開催する
この展覧会のために、
松山城を舞台に「銀河鉄道999」を
描きおろしました。

この「松本零士の世界展」は
今日2月3日(月曜日)まで
松山三越で開かれています。
今回、松山市に頂いたこの版画は
市民の皆さん、
観光客の皆さんに見て頂けるよう
日時や場所などが決まりましたら
また、お知らせ致します。
20200203掲載.jpg
posted by 野志克仁 at 10:27| 愛媛 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月27日

「災害に強いまちづくり」を目指して

「災害に強いまちづくり」を目指して
消防関係者が集まり団結を強め、
また
市民の防火防災への意識を高めるため、松山市の「消防出初式」が
先日、行われました。
 
参加者約2000人の行進や、
法被に鉢巻き姿の消防団員が
高さ6メートルの梯子の先で披露する
「古典竹梯子演技」、
明治時代に活躍していた
腕用ポンプの放水など、
消防技術を披露しました。

今回の
「古典竹梯子演技」の担当は
第九方面隊。
中島地区の団員になりますから
各島に住んでいるので、
揃っての練習は
なかなか難しかったのではないかなと
思いますが、
見事にやりきってくれました(^^)
行進ですとか、姿勢ですとか
全体的に
意識の高さを感じた
今日の「消防出初め式」でした!

83336313_1533484330159265_8994855664761176064_n.jpg
posted by 野志克仁 at 10:18| 愛媛 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

市民交流センター「てくるん」です。

中心市街地に
買い物に来た時、

@お子さんの
一時預かりがあれば。

Aちょっと休憩出来る
スペースがあれば。

Bおむつ替えが出来たり、
授乳のスペースがあれば。

C体の不自由な方も利用しやすい
「多目的トイレ」があれば。

Dイベントが開催出来る
「多目的スペース」があれば。

E家から持ってこなくても
ベビーカーが借りられたら。

Fオフィス街に近いので
保育所があれば。
そんな皆さんの声を形にしたのが
大街道の
松山市まちなか子育て・
市民交流センター「てくるん」です。

私の1期目の公約に掲げ、
平成24年3月に
オープンさせました。
1月17日金曜に
利用者が
100万人を突破したので
セレモニーに参りました。

子どもが遊んだり、
買物中に休憩出来たり、
子育て相談や
「ふれあい・いきいきサロン」など
毎日のように
イベントが開催され、
保育所や一時預かりも多く
利用者は
年々増加しています。
「てくるん」、どうぞ
ご利用ください(^^)
82789534_1526870870820611_4843259702861103104_n.jpg
posted by 野志克仁 at 10:16| 愛媛 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする